ページランクGoogle™ みんなが気になるあなたのブログ レビューブログ ページランク
2017年05月 / 04月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT  |  --:--  |  スポンサー広告  |  Top↑

2007.07.08 (Sun)

江戸東京下町散歩、その1。吉原、恐れ入谷の朝顔市の巻



地元の利を活かして江戸風情、下町情緒の東京を散歩しまする。
その1は吉原のお膝元、土手の伊勢屋へ、入谷の朝顔市の前に腹ごしらえ。
12:12着。25人待ち。
2回目の訪問。待ってる間に外観を愉しむでする。



軒下に下げられている風鈴群の音が暑さを和らげますなぁ。
ごま油の香りが食欲をそそりまする。

13:05並んでいる間に入り口に売り切れ終了、満員札止め。
この時点で並んでいる人は食べられる。
できれば開店の11:30前に訪問なされよ。

13:15着席、天丼(ハ)2300円、味噌汁150円注文。
注文後は店内の雰囲気を満喫。味がある。
店の写真には明治22年創業、当時は一杯2銭とある。
隔世の感。

座ったテーブルの下にたまたま店備え付けの雑誌があった。
「おとなの週末」7月号で天丼部門で一位、お見事。
いろんな旨そうな写真を見て食欲は増幅。


「おとなの週末」はこちら 



13:30ようやく天丼にありつける。
海老2本にアナゴ、かき揚、しし唐辛子、椎茸、生姜とてんこ盛り。味噌汁、お新香も落ち着く。
見た目も味も満足。秘伝のたれも砂糖を使用してないらしく
濃い目であっし好み。

ボリュームが多いので心してかかるべし。
朝は軽めにするべきだが、抜いていくと待ち時間がきつい。

13:48完食、大満足。店の外にはまだ25人の列が。
爪楊枝をくわえつつ、恐れ入谷の朝顔市へ繰り出す。
すこし胃がもたれた。食後の散歩だよっと。


しばらく歩いて入谷へ到着。七夕の土曜日、入谷の朝顔市へ。
かなりの朝顔売りの屋台と、食べ物の屋台が軒を連ねていた。
7万円でコーカサスオオカブトムシが売られていたのはいかにも。



朝顔もいろんな種類がありますなぁ。
これはアメリカンブルー。皆2000円からですぞ。
浴衣きてると1000円引きてな店もあったので来年は浴衣で行くよっと。

さらに足を伸ばして合羽橋商店街で調理器具、食器を物色しつつ、
浅草へ。
疲れたので岩盤浴で汗を流し、秘密の裏稼業へ馳せ参じるわけでする。
秘密の裏稼業については後日報告しまする。


江戸東京下町散歩「食べログ編」はこちら 



ブログランキング始めました。この記事が気に入ったらひよこをクリックしてくだされ。
スポンサーサイト

タグ : 土手の伊勢屋 朝顔市 吉原 浅草 合羽橋 天丼 秘密 裏稼業

EDIT  |  15:35  |  江戸東京下町散歩  |  TB(0)  |  CM(0)  |  Top↑

*Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

*Trackback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。