ページランクGoogle™ みんなが気になるあなたのブログ レビューブログ ページランク
2017年07月 / 06月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫08月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT  |  --:--  |  スポンサー広告  |  Top↑

2007.05.20 (Sun)

男の料理、真骨頂、カレーを作るの巻

あっしは週末料理を作る。昔なら男子厨房に入らずだが、そもそもコックは男が多い。
今の男たるもの、料理のひとつやふたつはできねばである。
月に一度ほど作るカレーを作ってみた。我が家ではカレーは江戸旦那の担当なのである。


日頃からルーの溶かし方に苦労していた。最近は手で割ってから包丁で切っていた。
子供の頃、母が作ったカレーに溶けていないルーが入っていてそれを口にしたときからの
トラウマである。 ネットで「横濱舶来亭カレーフレーク」なるものに出会った。
エバラ食品のものなので心配ないだろう。


甘口は売り切れだったので中辛を購入した。
いつものように玉ねぎをアメ色に炒め、肉とにんじんを炒める。
じゃがいもは煮崩れないように、梅干をつぶした水にさらす。
これでごろごろジャガが個性を放つ。
鍋に一緒に入れ、中火であくを取る。いったん火を止め、
ここで「横濱舶来亭カレーフレーク」の出番だ。


おお、溶けてゆく、溶けていく。トラウマの悩みが消えた。
弱火で煮立ててヨーグルトと牛乳少々と隠し味にチョコレート。
素揚げした赤パプリカ、黄パプリカ、ナス、バジルを彩りに。
スライスゆで卵とアーモンドと福神漬
けをトッピングして完成。 エバラ食品生まれ江戸旦那カレー
味見は濃厚で深みのある味だ。家族の評判も上々で、
今までで一番旨いとも言われた。家では甘口派だったのが、
横濱舶来亭カレーフレーク」の中辛のおかげで、新たな発見をした。


次回は野菜仕立て甘口と、ハヤシフレークにも挑む。エバラ食品、でかしたぞ。 エバラ食品生まれ江戸旦那カレー2



ブログランキング始めました。この記事が気に入ったらひよこをクリックしてくだされ。
スポンサーサイト

テーマ : ばんごはん ジャンル : グルメ

タグ : カレー ルー 横濱舶来亭カレーフレーク エバラ食品

EDIT  |  22:48  |  グルメ  |  TB(0)  |  CM(0)  |  Top↑

*Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

*Trackback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。